めめの徒然日記

めめさんのつぶやき

HSPは大器晩成。年齢を重ねることでいろいろ理解して鈍くなるから、とにかく何もしなくていいから長生きしろ。

私は今年30なんですけども、正直今まで生きてきた中で今年が一番元気だったりします。

 

20代もずっと神経病んでましたんで。

 

大体非HSPの人だと、20代が一番元気で、精力的に何でもこなして何でも自分の思い通りになってたのが、30代になると衰えてきて、「昔のようにはいかないな、年取ったな…」ってなるんでしょうけど。

 

初期設定からしていろんなガチャを外してる私みたいな人間は、このくらいの感じがちょうどいいみたいです。

 

もともと弱い体で、いちいちトラウマだらけで、二十歳の時に頭おかしい奴に神経をボロボロにされてるんで、人生が思い通りになることなんてなかったし。

 

まあ私みたいなもんは神経に傷を負うと10年単位で時間がかかるんだ、っていうことを若い時間の全てをかけて学習しましたね。(笑)

 

本当にね、変なトラウマは負うもんじゃないです。

 

HSPの人は、変なことに時間割いてたら普通の人のようにうまく切り替えができないから、そのまま気づいたら年だけ取ってますから。

 

それ以前に多分鬱とか病気で死にます。

 

前にも書いた気がしますが、HSPは自分が経験することをちゃんと選ばないとだめです!!

 

変な人付き合いとか、無駄な労力とか、絶対やめたほうがいいです。

 

基本的に真面目なんだから、合わないことからは逃げて良い。

 

サイコパスみたいなやつがいたら無理して粘っちゃだめなんです。

 

どれだけ適性の範囲が狭くても、たとえできることが何もなくても、神経やられるくらいなら逃げなきゃダメです。

 

そいつらがその後の面倒を見てくれるわけじゃないんで。

 

自分が生きることだけを考えることです。

 

私たちは非HSPとは根本的に神経伝達が異なりますので、同じだけの荷物なんか持てなくて当たり前なんです。

 

文句言う奴は、同じ体になってみやがれ、って話なんでね。

 

でもまあ、なぜ30になってこんなに楽になれたかというと、恋愛しなきゃいけないのにできない、とか、結婚しなきゃいけないのにできないとか、できることが全然ないとか、普通だったら一見絶望しそうになることを、気楽にとらえられるようになったのが大きいです。

 

ぶっちゃけ以前やってたアメブロで、結婚して子供いんのにアホなことばっかり言ってる自称ツインレイの連中を大量に見たってのも大きいです(笑)

 

私よりはるかに異常な人間を腐るほど見たことで、逆に救われた部分もめっちゃあるんですよ。

 

ある意味あの馬鹿みたいな人たちにも少しは感謝しないといけないのかなあ…。

 

不倫してスピリチュアルにどっぷりつかって、子供いるのに年下男子を魂の片割れとかツイン君とかいって一方的にさかってるおばちゃんども…あんな異常な連中がごまんといる、とにもかくにも気持ち悪い世界でしたんでね…。

 

子供が不登校になろうが大けがしようがそっちのけで彼彼言ってる色ボケ婆の巣窟でしたんでね。

 

子供が気の毒で、殴ってやりたくなりましたから。

 

ツインレイを論破しようと思えばいくらでも書けるんですが、それはまた別の機会にします。

 

まあとにかく、この人たちに限らず、しょせんアホばっかりなんですよね、人間なんて。

 

嘘つきばっかりだし。

 

本当にどうしようもないですよ。

 

でもそれがある意味今の私には、意外と救いでもあるんですよね~。

 

どうしようもない社会と、どうしようもない人間ども。

 

こんな世界で死ぬまで生きるしかないのが人生です。

 

終身刑ですよ。

 

つまりこの歳になって人生への期待がなくなったんです。

 

自分にも他人にも期待しない。

 

それが30過ぎてようやく実感できるようになりました。

 

色んな人がいるけど基本的に人間である以上「どうしようもない」んですよ。

 

アホしかいないんですよ。

 

そこにやっと思い至って、体も楽になって、少しだけ鈍くなってきました。

 

人生は思い通りにならない、ってはっきり悟ったんです。

 

これは20代の自分には理解ができなかったことです。

 

努力すれば何とかなる、とか、人は本来素晴らしいはずだ、人生は自分の努力でもっとよくなる、今辛いのは自分の努力が足らないんだ、って思ってて、結局今思えば自分責めになってましたね。

 

でも努力なんてほとんど10%にも満たないくらい、人生って「運」次第なんですよ。

 

つまり誰も悪くないんですね。

 

努力できるならそれだけの気力、体力、経済力、人脈…など、必ず何かの運が味方してくれているはずです。

 

努力したから今がある、とか言われると一見すごいことのように見えますが、世の中それも含めて自分の力ではどうしようもない力が働いてます。

 

努力できる人間はそれだけで十分恵まれています。

 

だから努力なんて、どや顔で言うことでもないんですよ。

 

今もし、「人生は努力でどうにでもなる、人はいつからでも幸せになれるんだよ、ご機嫌でいればそれだけで状況は良くなるよ」みたいな綺麗ごとを言う人がいたとしても、ぶっちゃけ躁病か、スピリチュアルの教祖か、その辺の可能性をまず考えると思います(笑)

 

そんなこと言う人は何もわかってないか詐欺師かのどっちかです。

 

人生は運と縁にほぼ完全に左右されるということをわかってないにもほどがある。

 

一時のテンションで衝動的に明るくなってもどうにもならないんですよ。

 

スピリチュアルの教祖は必ずと言っていいほどご機嫌でいることを推奨するけど、落ち込む時は落ち込んでいいし、いつも馬鹿みたいにご機嫌でいたらそれこそ脳の病気なんです。

 

人生に小細工なんていらない。

 

特にHSPは、とにかく粘って生き続けることです。

 

絶対に人と同じになる必要はありません。

 

無理して変な恋愛しなくていいし、無理して結婚しなくていいし、子供なんて持たなくていい。

 

はっきり言うけど重度HSPが子供持ってもろくなことになってないですから。

 

HSPにとって大事なのは「とにかく生き続けること」のみ。

 

自分らしく長生きしたほうがいいと思いますね。

 

HSPの場合、深く処理するから本当に体と頭が追い付かなくて、若い時には非常に不器用な人が多いと思うんですけど、おそらく年取っていろんな人を見ることで、自然と経験値が上がるんです。

 

30代に突入してから「生き続けることの大切さ」をめっちゃ感じてます。

 

深い処理能力は、年齢を重ねるごとにプラスに転じるんだと思います。

 

長く生きることで比較データが増えて、人生に期待しなくなって、自分にも期待しなくなって、昔しんどかったものに対しても徐々に耐性ができていきます。

 

絶望もしないし期待もしない。

 

今繊細で苦しんでる10代20代の人に言いたいのは、もうちょっとだけ適当に粘ってみてください、ということです。

 

30年刺激にもまれていれば、徐々にわかってきますから。

 

世の中のしょうもなさも、人間の救いのなさも、自分の小ささも、年とともに理解出来るようになります。

 

そして多分、人生って「自分の思い通りにならない」って心底腑に落ちてからが本番なんです。

 

そこまで気づけたら、悪いことが起きても以前より淡々と処理できるようになります。

 

まあ自分自身まだ30なんで、まだまだ人生長いんですけど…

 

変に気張らずに、気楽な気持ちで残りの人生を過ごしたいと思います。

 

おそらく人生はうまいことプラスとマイナスの帳尻が合うようにできているので、HSPみたいな生きづらい人は自分らしく長く生きたほうが絶対いいはずです。