めめの徒然日記

めめさんのつぶやき

自分でも意外なくらい、東京2020大会に感動しました

今回のオリンピックとパラリンピック…今思うと大変申し訳ないんですけど…始まる前はぶっちゃけ大反対でした。

 

コロナ禍なのにふざけんな、くだらないことに何兆円もかけやがって、って思っていたんです。

 

今思うと選手や関係者の方々の気持ちを一切考えていなかったし、大変偏屈な考えだったと思っております。

 

メディアのネガティブな報道に洗脳されすぎていた気がする。

 

基本ネットニュースもテレビの報道も、ポジティブなことってあんまり言わないですもんね。

 

たくさんの人たちの本気の覚悟がこの大会には込められてる、っていう肝心なところに全く理解が及んでいませんでした。

 

私の想像をはるかに超えて、世界中の選手の方々やスタッフ、ボランティア…数えきれないくらいの大勢の方々の魂がこもっている大会だったんですよね。

 

そういう人たちの思いを、私は大会前は一切想像することができていませんでした。

 

ぶっちゃけちょっと前までは、何がunited by emotion(感動で一つになる)だ、きれいごと言ってんじゃねえぞ!!って思ってたんです。

 


www.youtube.com

 

でも結果的に、素晴らしかった。

 

そこに気づけて良かった。

 

見事に感動させられちゃったよ…。

 

特に私は、今大会のマスコットの可愛さに気づいてから一気にこの子たちにはまってしまいました(笑)

 

それで興味もってインスタ見たり、時間があれば試合見たりしてましたね。

 

特に私はソメイティが大好きなんですよね…。

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 

いや~本当にかわいい。

 

この子たちのおかげで大会に興味持って、結果的に楽しめて、なんか感謝しかないですね。

 

メダルも大事だけどそれ以上に、たくさんの人たちが一生懸命頑張った、という事実そのものが大事なんだよね。

 

逆境に立ち向かって、マイナスをどんどんプラスに変えていってくれた感じ。

 

現に今マスコットの人気が爆上がりしてるらしいじゃないですか。

 

散々人気がないと言われていたのに、どん底から一気に返り咲き。

 

想像を超える素晴らしい大逆転劇をみせてくれましたね。

 

私もぬいぐるみ欲しいなあ~。

 

基本かわいいもの大好き、ってのもあるんですけども。

 

 

そしてNHKのテーマソングもめちゃくちゃよくて、気づいたら無意識に口ずさんでいるという(笑)

 


www.youtube.com

 

 

嵐の中を駆け抜けていく、っていう歌詞とか、今回のコロナ禍での大会に携わった人たちそのものやん…。

 

この曲が公開された時期はコロナ前なのに、めっちゃ歌詞が今の状況とリンクしてるんですよ。

 

やっぱりね、頑張る人は無条件にカッコいい。

 

パラリンピックの選手の方々、いろいろ背景が壮絶なんだけど、本当にめちゃくちゃかっこよかったもん。

 

人間のいい部分をたくさん見せてくれてありがとう。

 

嫌なニュースばっかり読んだり見たりしてたから、本当に久々に人間の力強さというか、プラスの部分をたくさん見れた気がしますよ…。

 

大会に関わったすべての皆様、お疲れさまでした。

 

そりゃあ、ケチをつけようと思えばケチはいくらでもつけられますよ。

 

でもやっぱりこういうのってさ、お金じゃないんだよね。

 

どれだけの人が魂を込めて、全身全霊で取り組んでくれたか、っていうことが一番大事で、人間の強いプラスの心はちゃんと大勢の人々に伝わって、プラスのエネルギーをどこまでも運んでいくんですよね…。

 

人の心は魂で本来つながっていますから。

 

波みたいなものなんですよ。

 

だからいいエネルギーはどんどん強い力となって拡散されていく。

 

私にも十分伝わっています。

 

ミライトワソメイティも、見事に逆境をプラスに変えて大逆転劇をみせてくれましたからね。

 

着ぐるみの中の人もお疲れさまでした。

 

全ての人が金メダルですよ。

 

結局ネガティブ情報に惑わされず、楽しんだもん勝ち、感動したもん勝ちです。

 

思えばずっと人間には失望させられてばかりだったんだけど、それも視野が狭い証拠だったんだろうな…。

 

今回私はそれを学んだし、自分のひねくれた考えがちょっと修正された気がします。

 

「絶対中止しかないやろ」って思っていた大会からめっちゃ勇気をもらったんで、自分の考えの狭さ、浅はかさ、想像力のなさにも気づかされましたし。

 

世界中の人が勇気をもらえただろうし、この状況下で最善を尽くしてくれた日本という国はなかなか素晴らしい面があるんだなと思いましたよ。

 

他の国だったら絶対この状況でこのクオリティは無理ですからね。

 

ここ数年日本を批判してばっかりだったから、そこも私の中でデータが更新されたというか…「日本はいいところもいっぱいある国」っていうことを思い出すこともできました。

 

今大会に関わった全ての皆さんお疲れさまでした。

 

多様性を尊重する新しい社会への可能性を感じられる大会だったと思います。

 

私も割とマイノリティ側の人間だけど、自分のやるべきことがどれだけ小さくみじめに思える時があっても、なんとか腐らずに頑張ろうと思う。