めめの徒然日記

めめさんのつぶやき

HSPがこの世で生きることの難しさ

重度のHSPがこの社会で生きるのって、シンプルにめっちゃ辛いことですからね。

 

普通の人間の駆け引きや、邪悪な心、欲にまみれた価値観が理解できないから。

 

理解しようとするとひたすら絶望しかなくなる。

 

生きるの無理、ってなって追い詰められていくだけです。

 

そもそも脳の構造が違いすぎるんですよね。

 

私のような人間は脳の偏桃体が活発で、恐怖心と共感力が異様に強いんで、

 

見てる世界が根本的に違うんです。

 

淡水魚と海水魚並みに一般的な人たちとは生きる世界が違うから、経験上、普通の生き方に染まろうとしてもダメです。

 

こちらが貧乏くじを引かされるだけ。

 

優しすぎる人間は優しすぎるなりに、その持ち味を生かして生きるしかないんです。

 

私がとりあえず行きついたのは介護施設の掃除のバイトでした。

 

これは社会不適合すれすれの私にもできるバイトだった。

 

今も週四で頑張ってます。(笑)

 

自分で言うのもなんだけど私のような人間が、社会で普通に受け答えをして、一応普通の人間に擬態してること自体が、そもそもすごいことだと思う。

 

敏感な人間にとってはこの世界って、普通の人の何倍も刺激だらけ。

 

産まれた瞬間から高いハードルを課された人生。

 

そこに気づくまでも大変だったし、自分の異常さに気づいてからも認めるまでが大変だった。

 

とにかく普通に生きることが、あり得ないくらい難しいっていう。

 

はっきり言って、反出生主義の人の気持ちもわかる。

 


www.youtube.com

 

時々もうね~、感極まって叫びたくなるんですよ。

 

こんな性質に生まれついてしまったことを、ひたすら嘆きたくなるっていうか。

 

何もないのに「うわーーー!!」って言いたくなる。

 

普段から、バカのくせに人の何十倍も思考して、ありとあらゆる不安予測をして。

 

痛みに弱いから人一倍物事に警戒して。

 

そこまでして生きて何になるのかと、我に返ってさらに自分の存在について自問自答する。

 

何言ってるか自分でもよくわかんないけど、私くらい重度のHSPになると本当に些細なことが一生モノのトラウマになりうるんですよ。

 

世の中の「当たり前のこと」、「あたりまえのもの」が、いつでも凶器になりうる。

 

生きるの辛いですよ、ほんとに。

 

痛みに弱いから人一倍、存在していることがきつい。

 

なぜ生まれてきたんだろう。

 

なんで他の人間は、社会が推奨する当たり前のことに何の疑問も持たずに生きていけるのか…。

 

恋愛とか結婚とか、正社員とか、フルタイムで働くとか、難易度高すぎ。

 

私もかつて、それをやろうとしたら、リアルに死にかけたんで(笑)

 

もう二度と「普通」を望まない。

 

生きるためにそう誓った。

 

やっぱり普通の人と自分はレールが全く違うから、これらの一般的とされる生き方を一切望めないと悟った。

 

25歳の時風邪こじらせてリアルに三途の川わたりかけてますんで。

 

その時すべてをあきらめた。

 

 

 

私の人生はあらゆる社会的な「普通の生き方」を捨てていく道なんですよ。

 

なぜこんな風に生き続けねばならないのか、いくら考えてもまだ答えは出ません(笑)

 

死にかけて以来、もともとあった霊感がさらに強くなったのもあって、いろいろ宇宙の秘密とかも知りたくて「神との対話」も読んでるし、スピリチュアルにも詳しくなったけど、やっぱりわからない。

 

何故神はこんな残酷な世界を作ったんだろう。

 

私まだ30歳なんですけど、昔から本当に人間の残酷さには呆れているし、何回失望させられたかわからない。

 

子供のころからいろいろつらかったです。

 

今になって、地獄のようにつらかった思春期を冷静に振り返ると、全部が向いてなかったですから。

 

学校生活も、人間関係も、変に頑張らず、もっと気楽に考えて周りに迷惑かけて、いっそ不登校にでもなればよかったなあ~…。

 

部活なんかやらずに、勉強なんかやらずに、もっとダラダラと生きればよかったなあ。

 

私思うんですけど、何でも経験すりゃいいってもんじゃない気がするんですよね。

 

変なトラウマが一生ものになるくらいなら、近所散歩してネットでもしてるほうがずっと有意義だと思う。

 

 

アクティブな人は何でもやりゃいいと思うんですけど、HSPは「やらないほうがいいこと」ってのもいっぱいあります。

 

心身ともに後に響きすぎるから、コスパがわるすぎるんですよ。

 

「ウェーイ」でアクティブな人間の価値基準に合わせていろいろやっても、下手すりゃ致命傷なんです。

 

繊細な人間は、無理なんかするもんじゃない。

 

動けなくなるから。

 

世の中の人は繊細な人に、いろいろ無責任なこと言うだろうけど、一切気にしなくていいと思います。

 

泣くほど苦しんでまで学校や部活に行く必要は一切ない。

 

今もし昔の私に会ったら、まずあのお盆と正月以外休みのない、今思うとアホみたいなしんどい部活動を辞めさせますね。

 

ブラックそのものだったし…。

 

頑張ってもどうせ後悔するだけの努力は、いらない。

 

大人になってからも同じです。

 

仕事なんてボロボロになってまでやらなくていい。

 

好きな動画でも見て引きこもれるなら、そのほうがいいんですよ。

 

二十歳のころ、いろんなことがもう立ち行かなくなって、体の地獄のような苦しみに苛まれて大学に行けなくなって、この世の終わりのような時間を過ごしてる時、アニメに救われた私としては、外に出ることが必ずしもいいとは思えんのよね。

 

私は今でも休みの日はアニメをめっちゃ見ます。

 

最近みたやつだと「86(エイティシックス)」っていう作品がめっちゃ面白かったなあ~。

 


www.youtube.com

主題歌もよかった~。

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

HSPは少ない刺激でも人一倍センサーが反応するから、あんまり欲もないし安上がりなんですよ。

 

海外旅行とか行かなくても身近なものでさっさと感動できちゃうから、今のネット社会で救われてる人も多いと思うんですよね。

 

コロナでもそこまで影響受けないし。

 

私の場合は絵画や音楽、きれいなアニメ作品など、主に芸術に救われております~。

 

あとは自然の中に行くのが好きだなあ…。

 

綺麗な景色を写真に撮るのも好きです。

 

もうここまで来たら既存の価値観なんかくそくらえですからね。

 

生きてるからには死ぬまで生きるしかないもん。

 

当たり前のことなんですけど。

 

だからちょっとでも楽しみを見つけて生きるしかないっていう。

 

真夜中にずいぶん長い文章を書いてしまったな。